ガジェット図書館 Chalibrary

【The Everyday Messenger】5.8億円の支援金を集め最も成功したカメラバッグ

約 8 分
こんにちは、ちゃり(@Chalibrary)です。
 
遂に待ちに待ったカメラバッグが届きました。
 
カメラギアの新しいスタイルを次々と提案している「Peak Design」。
 
Peak DesignはCapture Clipを代表とする、カメラ好きが「あったらいいな」と思う商品を設計、販売しています。 そのPeak Designが今度はカメラバッグを出すということで、大きな反響を呼びました。

The Everyday Messenger (エブリデイ メッセンジャー)

Peak Designは、製品開発の際にクラウドファウンディングサイトの「KickStarter」で資金を募るスタイルを採用しています。
 
最新製品「The Everyday Messanger」は、KickStarter史上最高の総額486万ドル(約5億8000万円)の支援金を集めました。
 

The Everyday Messenger 到着

KickStarterで出資しようかどうしようか悩みつつ、結局終了後のPreorder期間に公式サイトから購入しました。
 
「本体:$249.95」+「送料:$19.95」に$25引きのクーポンコードを使ったので、「合計$244.9(約30,000円)」でした。
PeakDesignロゴ付きの黒い厚紙袋に梱包されています。 (大きさ比較にペットボトルを利用)

12月7日に香港郵便経由で発送、12月11日に大きなダンボールに包まれて到着。

外観

全体的に型崩れを起こさない硬さがあります。
各部にPeak Designのロゴが記載されてます。

ストラップ部分の素材は同社のSLIDEと同じと思われます。肩に当たる部分にはクッション性があります。

収納部 

蓋裏にPeak Designのロゴ
蓋を留められるのは四カ所
マグネット&爪付なので、指で持ち上げただけでは開かない
仕切りは用途にあった形に変形して使用。
全面や背面、内部ポケット
ミラーレス使用の私の環境では十分に収納力があります。しかし、自分の環境にあった仕切りポケットの使い方を見つけないと、沢山収納するは難しいと感じました。
 
一眼レフ、5DMarkⅢD810クラスの一眼レフだと本体とレンズだけで、かなり内部スペースを専有してしまいそうな印象です。

バッグ側面

バッグ両側面には同社のCapture Clipを装着できるようになっています。

同社製品のリーシュのようなものが左サイドに縫い付けられています。カメラの落下防止にも役立ちます。
私は付属の三脚用ゴムバンドをアンカーリングにつけて、紛失防止&三脚留に使っています。
Capture Clip Pro(別売)を装着。左右両サイドに付けています。

α7R2には同社のClutchを付けています。

三脚の装着

バッグ蓋の裏に三脚の足を一本差し込めるようになっています。そこに足を通して三脚を挟み込みます。

付属のゴムバンドで脚を留めることで装着完了。
三脚を外に見せたくない時は、2本の足を蓋の裏側に入れることも出来ました。しかし、その際はバッグの中身が擦れて傷つきそうです。
トラベル用の三脚等、小さな三脚は脚を伸ばして差し込まないと挟めないと思います。内部に空きがあればそちらに入れた方がいいでしょう。

装着感を高める

ストラップ
同社のSLIDEと同じでワンタッチで調整できて、ずり落ちてこないので快適です。長さは短く調節できるので、バッグを身体に密着させることが出来ます。逆にストラップが長いと、身体から離れてさせてないと肩に重さを感じます…
移動しながら撮影する際、バッグが密着していた方が動きやすくなります。装着感を高めるため、バッグ下部にもストラップが収納されています。
バッグ両サイドの下部にもストラップが縫い付けられています。
下の動画の4:10頃から、使い方が披露されています。

その他使用感

総じて最高のカメラバッグに出会ったかもしれないという思いです。
細部に工夫があり、さすがカメラを熟知してる方々が作ってるなと思いました。
 
最初は、ちょっと大きいかなと感じていました。しかし、カメラ、レンズ、マイク、PC、三脚、周辺機器等…一度に沢山持っていくことが多い自分の環境には調度良い大きさだったかもしれません。
背面ポケット
よく書類を入れていますが、バッグ自体の型崩れがあまり無い分安心して入れられます。MacBookやiPadを楽に収納出来るのは本当に助かっています。
一泊二日の外出時

カメラ、レンズとバッテリー系周辺機器、着替えや飲み物等、一泊二日程度なら使えました。

あとがき

2016年2月10日、日本でも遂に発売されました。(別色もあります)
  
バッグの素晴らしさはもちろんですが、同時に出たCaptureLENSはまさに長年待ってたと言えるレンズホルダーでした。昔KickStarterで腰に装着するレンズホルダーを見ましたがイマイチ…しかし流石、Peak Design。
 
レンズ交換が格段に楽になるので、是非下の動画でどんなものかご覧になって下さい。
CANON、NIKON、SONY(Eマウント)用の三種類がある(2016年2月現在)
Capture LENSの紹介記事はこちら
スポンサーリンク

About The Author

司書/ディレクターCHARI
大学在学中にWEBコンテンツやカメラの面白さに気付き、サイト構築や撮影・編集技術を独学で学ぶ。
YouTubeをフィールドに日々映像制作中。

こちらも読まれています