ガジェット図書館 Chalibrary

何故ブレる!?露出補正の仕組み

約 3 分
こんにちは、ちゃり(@Chalibrary)です。
 
「露出補正」で何故明るさを変えられるのか疑問に思ったことはありませんか?
 
 
私は写真を覚えたての頃分からなくて、得体の知れない「露出補正」を使わず「ISO感度」を変えることで明るさを調整していました。しかし、それだと撮れる写真の幅って限られてしまいます。仕組みを理解して、表現の幅を広げていきましょう。

明るさを決める要素 

まずカメラの原理として、写真の明るさ(露出)を決める要素は、
 
  • 絞り(F値)
  • シャッタースピード(SS)
  • ISO感度
この3つです。
 
カメラの設定において、これ以外の要素で写真の明るさが変わることはありません。
 
この3つの要素は「三位一体」となって常に関係し合っています。

露出補正

「露出補正」では、カメラが決めた「適正露出(ちょうどいい明るさ)」からその値(露出値)を変えて、間接的に写真を明るく・暗くしています。
 
元々決まっている「絞り(F値)」と「シャッタースピード」の数値関係を変える仕組みです。
 
【A:絞り優先(Av)モードの場合】
「シャッタースピード」を自動的に変更
 
【S:シャッタースピード優先(Tv)モードの場合】
「絞り(F値)」を自動的に変更
 
【M:マニュアルモードの場合】
絞り(F値)とシャッタースピードは自分で設定するため露出補正は効かない
 
【P:プログラムオートの場合】
露出を一定にしたまま、撮影者が「絞り(F値)」と「シャッタースピード」の組み合わせを変えれる
(「プログラムシフト機能」と言います)
例)絞り優先(Av)モードで露出補正(+に振る)を行い、シャッタースピードが遅くした場合
シャッタースピードが遅くなる分、光を多く取り込めるので、写真の明るくなります。
しかし、元の適正露出の写真に比べてシャッターが開いてる時間が長くなるので、手ブレを起こしやすくなります。
「露出補正」と「ISO」の違い
明るさはISOでも変えられるけど、違いは?
露出とISOの違い露出とISOの違い

「露出補正」と「ISO」の違いを説明しています

まとめ

  • 絞り(F値)、シャタースピード、ISO感度は互いに関係し合っている。
  • 露出補正は「絞り(F値)」と「シャッタースピード」の関係を調整している。
お手元のカメラでモードを変えて、露出補正でどんな風に写真が変わるか是非試してみてください。
 
ここに出てくる言葉で分からない用語があればこちらの記事を参考にしてください。
 

一眼カメラ買ったら覚える5つの用語一眼カメラ買ったら覚える5つの用語

一眼レフを買ったときに真っ先に覚えたい言葉を解説しています。

スポンサーリンク

About The Author

司書/ディレクターCHARI
大学在学中にWEBコンテンツやカメラの面白さに気付き、サイト構築や撮影・編集技術を独学で学ぶ。
YouTubeをフィールドに日々映像制作中。

こちらも読まれています