ガジェット図書館 Chalibrary

PILOTFLY H1 3軸ブラシレスジンバル購入方法

約 5 分
【この記事は販売元のPILOTFLYに紹介して頂きました。】
 
こんにちは、ちゃり(@Chalibrary)です。
 
今回はブラシレスジンバル界隈で話題のPILOTFLY H1のお話。(マニアックです^^;)
【製品についてはこちらの記事を参考にどうぞ!】
ScreenshotPILOTFLY H1 3軸ブラシレスジンバル外観の詳細と活用法【Nebula対抗馬】

 この記事ではH1の購入方法を図解しましたので、これから買おうという方は参考にしてみてください。

アカウント作成

Copter RCのウェブサイトにアクセスします。
ScreenshotCOPTER RC公式サイト

まず最初にページ右上にある『Sign in』をクリックして、会員登録をしておくと後の流れがスムーズになります。
『Create an account』欄に登録用のEメールアドレスを入力してアカウントを作りましょう。アカウント作成後、住所の登録をしておきましょう。下記の項目は英語(ローマ字)で記入してください。

PILOTFLY H1注文

アカウント関連の登録が終わったらいよいよ購入に進みます。ホーム画面で下図のように表示されていますので、H1の画像をクリックします。商品概要ページに移動しますので数量(Quantity)を確認、『Add to cart』をクリックしてカートに入れます。
カートに移動したら注文確認画面が出て来ます。数量と金額、配送料を確認してください。
Total products:小計
Total shipping:配送料
TOTAL:合計
VOUCHERS:クーポン(気にしなくてOK)
項目1のAddress欄では住所と請求先情報を確認します。
Your delivery address(送り先住所)とYour billing address(請求先住所)に先ほどアカウント情報で登録した住所が反映されているか確認してください。登録していない方はゲストとしてここで住所情報を記入することになると思います。その際は、上の住所の書き方を参考にしてみてください。
続いて項目2です。ここでは配送方法を確認します。
配送業者はFedEx。配送料金は右横に書かれています。
『Leave a message』には何も書かなく大丈夫です。伝えたいことがある場合のみ記入してください。
『Terms of service(同意)』にチェックを入れて下さい。すると項目3の決済手段を選択出来るようになります。

決済方法

決済手段はクレジットとPaypal決済が選べますが、結果的にクレジットカードを使うことになると思います。ここでは、断然Paypal決済をおすすめします。製品の不具合で販売元とトラブって返金対応したいときに、仲裁に入ってくれるためです。
【詳しくはこちら】
ScreenshotPaypalの異議からクレームにエスカレート 返金までの道のり

先ほど項目3でクリックした後、Paypal決済画面に進みます。Paypalアカウントを作り、ログインして下さい。
ここで再度送り先住所を確認します。そして支払いに使うクレジットカード、合計金額、問い合わせ先メールアドレスも確認します。
全ての内容が確認出来たら、『同意して続行』を押して下さい。
画面が変わり、Order summary(注文の概要)が表示されます。ここで『I confirm my order(注文の同意)』をクリックします。
少し処理に時間がかかるかもしれませんが、完了後画面が切り替わります。
ここに書かれている、order ID(オーダー番号)とPayPal transaction ID(処理番号)は大事ですので、必ず控えておいて下さい。
最後にCopter RCのサイトで、注文履歴を確認しましょう!
ここで反映されていれば注文完了です。メールでの注文確認も届きますので、そちらもチェックです(`・ω・´)

あとがき

4月11日に注文、17日に発送連絡、21日に到着しました。到着まで大体10日位でしょうか。ちなみに後日、FedExから関税料金として2,700円の請求書がきましたのでコンビニで払ってきました。
当初は英語のサイトで信頼性も分からなかったし、紹介記事も全然なかったのでかなり心配でした。ですので、これから購入される方の参考になれば幸いです。
 
海外通販は発送先の記入方法が分からなくて、欲しい商品があっても諦めてしまったりしますよね。発送先の書き方をAmazonを例に紹介記事を書いていますので、よかったらこちらもどうぞ。
 

Screenshot海外通販で困る前に!英語での住所の書き方

 

【カメラスキルに磨きをかけたい!】 

Screenshotちゃりの撮影機材をお見せします【随時更新】

 

ジンバルについてはビデオSALONでの紹介がわかりやすかったので、興味のある方は読んでみてください。
スポンサーリンク

About The Author

司書/ディレクターCHARI
大学在学中にWEBコンテンツやカメラの面白さに気付き、サイト構築や撮影・編集技術を独学で学ぶ。
YouTubeをフィールドに日々映像制作中。

こちらも読まれています