ガジェット図書館 Chalibrary

PILOTFLY H1 3軸ブラシレスジンバル 外観の詳細と活用

約 5 分
こんにちは、ちゃり(@Chalibrary)です。
 
今回はブラシレスジンバル界隈で話題のPILOTFLY H1のお話。
 
今年、PILOTFLYという台湾の会社から三軸ブラシレスジンバルが発売されました。購入レビューを色々見てから買おうと考えていたのですが、情報が全然無く、しかも販売元のYouTube見てもイマイチ伝わってこない…。そうしている内に時間が経ち、しびれを切らしてポチリました。
 
購入したPILOTFLY H1の写真を交えつつご紹介します。

スタビライザー

手持ちで動画撮影をすると手ブレでかなり映像が見づらいですよね。
 
こういったことが起こらないためには、カメラを水平に保つ必要があります。それをサポートする装置のことをスタビライザーと言います。空撮するときなどによく使われています。
 
機械式と電動式があって、私は今まで電力を使わない機械式のフライカム NanoやC5という製品を使って撮影してきました。
しかしこういった類のものは、重い、ゴツイ、威圧感ある…ということで気軽に使えませんでした。
 
そんな不満点を解消するのが小型で電動式の、ブラシレスジンバルです。
ブラシレスジンバル 
今まで、Go Proやスマホ向きの小型のものは存在していましたが、α7シリーズやGH4といったミラーレスが載るものはNebula位しかありませんでした。
 

PILOTFLY H1

Nebula 4000 Liteと同じく、α7シリーズやGH4など1kgまでのカメラを載せられる。しかも見た目もいい。 片手で持てる三軸ブラシレスジンバルです。フライカムを使っていたのが信じられない位軽くてバランスをとるのがかんたん。電源ボタンを押すだけで水平をとってくれます。(ソフトで事前設定が必要)
ミラーレスの他にスマホやコンデジ、小さい一眼レフもなんとか載るみたいです。

外観の詳細部分

Panasonic DMC-GH4を設置した様子 
背面モーター部にLEDランプとMicroUSB接続端子があります。3つのモーターの中心にカメラの重心が来るように設置します。
操作ボタン系
各パーツ
h1-2
配線は一部むき出しになっているので、切れないように注意が必要だと思います。
 

カメラのWi-Fi機能を利用してリモートで操作する

PILOTFLY H1を使うと、本体に阻まれモニターがよく見えません。バリアングルモニターを開くのも重心位置が変わるのでアウトです。また、カメラの設定をしようと本体を触るとキャリブレーション(調整)が崩れるので、電源を切ってからの設定になります。
 
そこで、本体下部のネジ穴を利用します。プレートホットシュー用自由雲台を使って付属のスマホホルダーを付けています。
 
これなら起動しながらでも、カメラのWi-Fi機能でスマホに映像を飛ばせるので、スマホでフォーカスの設定などが出来ます。
h1-4

ソフトウェアの設定

この類のブラシレスジンバルは「SimpleBGC」というソフトウェアを使って設定の追い込みをする必要があります。
32bit版のソフトは日本語のサポートがあるのですが、H1で使うのは8bit版で日本語は使えません。これはソフト提供側の対応を待つしかないです。
 

BluetoothでのH1遠隔操作

動画を見ると一目瞭然で、スマホから直感的に遠隔操作することが出来ます。
 
ただしこれはAndroid端末限定の話で、2015年6月現在はApple製品には対応していません。
 
私はAndroid持ってないので、H1が手元にあるのに使えなくて悔しい思いをしています^^; 安いAndroid端末をこれの為に買ってもいいかもしれない、そう思ってしまうほど魅力的な機能。
 
これも「SimpleBGC」提供側に対応を祈るばかりです。

あとがき

現在、量販店や専門店での取り扱いはないので、購入する場合はPILOTFLYのサイトから直接注文しなくてはなりません。
 
購入方法はこちらにまとめておきました。気になるお値段もこちらで確認出来ます。(この記事は販売元のPILOTFLYにも紹介して頂きました。)
ScreenshotPILOTFLY H1 3軸ブラシレスジンバル購入方法【Nebula対抗馬】

 

 
 
スタビライザーについてはビデオSALONでの紹介がわかりやすかったので、興味のある方はどうぞ。
【こちらの動画で開封から使用感まで紹介されています】
スポンサーリンク

About The Author

司書/ディレクターCHARI
大学在学中にWEBコンテンツやカメラの面白さに気付き、サイト構築や撮影・編集技術を独学で学ぶ。
YouTubeをフィールドに日々映像制作中。

こちらも読まれています